「サロマ湖」は北見市常呂町、佐呂間町、湧別町の3市町に跨る北海道で一番大きな汽水湖(海水)です。ここ近年、サロマ湖周辺の町では丹頂鶴を見かけるようになりました。但し野生動物です。必ずしも見られるとは限りません。オホーツク旅行情報はオホーツクドットコムをご覧下さい。
キタキツネ 雪原に残る野生動物の足跡 北見市常呂町
2020.12.25
キタキツネ 雪原に残る野生動物の足跡 北見市常呂町
キタキツネ 北見市常呂町

北見市常呂町の農道を走っていたら、キタキツネがいました。何年かぶりの撮影です。車から降りると逃げてしまうので、乗ったまま撮影しました。


今年の夏、この近くで2匹の子ぎつねを見かけたので、その1匹かも知れません。
キタキツネ 雪原に残る野生動物の足跡 北見市常呂町
雪原に残る野生動物の足跡 北見市常呂町

畑作地帯が広がる雪原に残された野生動物の足跡です。キタキツネ?かな?他の場所では、野生動物達が暴れた跡もあったりしました。

雪原に残された足跡を見ると「何の動物だろう?」と想像するのが結構好きです。エゾシカ?野ウサギ?エゾタヌキ?エゾリス?白鳥?やはり雪原に残された足跡は絵になります。


この付近で、丹頂鶴を春から秋にかけ見かけましたが、真冬は全く見られません。釧路湿原に戻っているのだろうか?

- CafeLog -