アウトドア&フィッシング ナチュラム
「サロマ湖」は北見市常呂町、佐呂間町、湧別町の3市町に跨る北海道で一番大きな汽水湖(海水)です。
サロマ湖 ホタテ養殖発祥の地
2018.01.03
ホタテ養殖発祥の地 サロマ湖
ホタテ養殖発祥の地 碑文

場所:北見市常呂町栄浦

 我が国における帆立貝は太平洋岸では東京湾、日本海岸では富山湾を南限として東北、北海道に広く分布しているが、オホーツク海の生産量は他の海域の追従を許さず200海里時代による厳しい漁業情勢下にあって、この海を生活の場とする我々漁民に限りない恩恵を与えている。

但し、現在の帆立貝増養殖漁業の飛躍的発展成長の礎となったのは、昭和9年帆立貝の種づくりに取り組み、諸種の困難に直面しながらも増養殖事業の先駆けをつけられた北海道水産試験場増殖部長農学博士「木下虎一郎氏」、並びに常呂漁業協同組合長常呂町名誉町民「新谷広治氏」の偉大なる先見の明によるものであり、オホーツクの海はこれらの先人達の力によって今日の宝の海に創造されたと云っても過言ではなく、帆立貝種苗生産と資源管理に関する技術と理念は、総ての帆立貝増養殖漁業者に受け継がれその偉業は栽培漁業の主柱として全国的展開を示している。

昭和五十八年十一月
常呂漁業協同組合
組合長理事 小笠原 敬



- CafeLog -