「サロマ湖」は北見市常呂町、佐呂間町、湧別町の3市町に跨る北海道で一番大きな汽水湖(海水)です。ここ近年、サロマ湖周辺の町では丹頂鶴を見かけるようになりました。但し野生動物です。必ずしも見られるとは限りません。オホーツク旅行情報はオホーツクドットコムをご覧下さい。
花-サンゴ草(秋)丹頂鶴・キムアネップ岬2 佐呂間町浜佐呂間
2020.10.22
丹頂鶴・サンゴ草・キムアネップ岬3 佐呂間町浜佐呂間
丹頂鶴・サンゴ草・キムアネップ岬3 佐呂間町浜佐呂間

今日の孤独感たっぷりのキムアネップ岬のサンゴ草です。赤くなって見えるのがサンゴ草です。左にアオサギが沢山います。右の建物はトイレです。シャッターが降りていました。山の紅葉は終わりに近づいています。サンゴ草も終わりを向かえています。残念ながら丹頂鶴はここにはいませんでした。
毎週日曜日はピザ3枚 2400円~ | Big Sunday

丹頂鶴 サロマ湖 佐呂間町浜佐呂間
丹頂鶴 サロマ湖 佐呂間町浜佐呂間

諦めて浜佐呂間へ向かっている途中(木のトンネル:常呂カーリング映画シムソンズの撮影ロケ地)、サロマ湖に丹頂鶴がいました。1羽かな?と思いきや2羽いました。

木のトンネル:常呂カーリング映画シムソンズの撮影ロケ地
木のトンネル:常呂カーリング映画シムソンズの撮影ロケ地
サロマ湖沿いにある「木のトンネル」。浜佐呂間―キムアネップ岬間の道。

2020年10月30日追記 撮影10月26日
つがいの丹頂鶴 サロマ湖 佐呂間町浜佐呂間
つがいの丹頂鶴 サロマ湖 佐呂間町浜佐呂間

ようやく、デジタル一眼カメラ望遠レンズで撮影できました。前回は間違えて削除してしまったので・・・。今日は車から降りましたが遠ざかるかな?と思いきや全くそのような素振りを見せませんでした。ただ、サロマ湖のエサ(何かは分かりませんが)を食べていました。丹頂鶴は塩分は大丈夫何でしょうか?釧路湿原は淡水のはずですが。サロマ湖は汽水湖なので。


常呂の丘 1本道
常呂の丘 1本道

北見市常呂町へ来たら急に天気が良くなりました。

管理者、ここを「常呂の丘」と勝手に命名していますが正面に能取岬、左にオホーツク海、右に能取湖が見えます。ここ好きな場所なんです。右の畑作地帯ではビートの刈り取りをしていました。全国の皆さんが使っている砂糖はここオホーツク地方や十勝地方で栽培されています。


今日も常呂神社で「龍神の水」を汲みに寄りましたが、沢山の雪虫が飛んでいました。
花-サンゴ草(秋)丹頂鶴・キムアネップ岬 佐呂間町浜佐呂間
2020.10.16
丹頂鶴・サンゴ草・キムアネップ岬2 佐呂間町浜佐呂間
丹頂鶴・サンゴ草・キムアネップ岬2 佐呂間町浜佐呂間

国道238号線、サロマ湖道の駅やサロマ湖を通り過ぎるとキムアネップ岬の看板が見えます。ここを左折するとキムアネップ岬の半島の付け根の畑作地帯に丹頂鶴が2羽いました。

車から降りると遠ざかっていくので窓から撮影しました。距離は5,6mぐらいです。やはりでかい!体長は1m以上はあります。
ベルメゾンネット

サンゴ草群生地 キムアネップ岬 佐呂間町浜佐呂間
サンゴ草群生地 キムアネップ岬 佐呂間町浜佐呂間

天気が悪かったのと逆行でサンゴ草を綺麗には撮れませんでしたが、真っ赤で綺麗でした。網走能取湖のサンゴ草は見頃が終わったので、サロマ湖のキムアネップ岬ならまだサンゴ草が見られます。但し10月15日時点ですヨ!
エディー・バウアー・ジャパン

キムアネップ岬の駐車場には室蘭ナンバーと所沢ナンバーの車が止まっていました。やはり孤独感たっぷりのキムアネップ岬です。風が非常に強く寒かったです。涙がチョチョ切れました。キムアネップ休憩所もシャッターが降りていました。
丹頂鶴・サンゴ草群生地・キムアネップ岬2 佐呂間町浜佐呂間<br>
丹頂鶴・サンゴ草群生地・キムアネップ岬2 佐呂間町浜佐呂間

半島をぐるっと回って浜佐呂間へ向かおうとしたら、サンゴ草の向こうに丹頂鶴が2羽いたのにはビックリ!前回も同じ場所で撮影しましたが、さっきの半島の付け根にいた丹頂鶴なのだろうか?写真撮りまくっていたので、飛んでいるのが見えたはずなんですが・・・。やはりサロマ湖では丹頂鶴の個体が増えているのかな~?管理者、嬉しく思います。
サロマ湖鶴雅リゾート
サロマ湖鶴雅リゾート

Go To トラベル対象
サロマ湖の夕日。サロマ湖に面したホテル。ご予約はReluxになります。


けど、真っ赤なサンゴ草に真っ白な丹頂鶴は非常に絵になります。くそ~、またデジタル一眼カメラ+望遠レンズを持って行くのを忘れました。まさか丹頂鶴を2ヶ所で見られるとは思わなかったので・・・。今度こそ!!


10月14日、大空町女満別のメルヘンの丘と朝日ヶ丘展望台を撮影しました。オホーツク地方の旅行情報はオホーツクドットコムをご覧下さい。

- CafeLog -