「サロマ湖」は北見市常呂町、佐呂間町、湧別町の3市町に跨る北海道で一番大きな汽水湖(海水)です。ここ近年、サロマ湖周辺の町では丹頂鶴を見かけるようになりました。但し野生動物です。必ずしも見られるとは限りません。オホーツク旅行情報はオホーツクドットコムをご覧下さい。
オホーツク海と能取湖が望める丘3  1本道&畑作地帯 北見市常呂町
2020.11.15
オホーツク海と能取湖が望める丘3 一本道&畑作地帯 北見市常呂町
オホーツク海と能取湖が望める丘3 一本道&畑作地帯 北見市常呂町

昨日の常呂神社の続きです。

北見市常呂町から美幌町へ向かう際、雪が降ったのでちょっと寄って見ました。

オホーツク海に突き出した網走「能取岬」の左奧に雪を被った知床連山が見えます。但し、天気の良い日しか見られません。

この一本道は農道なので冬季は除雪をしません。今だけの楽しみです。目印に、百年記念塔やパークゴルフ場、太陽光発電ソーラーパネル、白い家が建っています。
フェリシモ「コレクション」

以下3枚は、同じ場所から右(南)にカメラを向けた写真です。

オホーツク海と能取湖が望める丘3 一本道&畑作地帯 北見市常呂町
オホーツク海と能取湖が望める丘3 一本道&畑作地帯 北見市常呂町

紅葉の針葉樹林の向こうは、雪を被った斜里岳です。その左下には網走「能取湖」が見えます。この場所はオホーツク海と能取湖が同時に望める畑作地帯です。更に阿寒の山々も望めます。

オホーツク海と能取湖が望める丘3 一本道&畑作地帯 北見市常呂町
オホーツク海と能取湖が望める丘3 一本道&畑作地帯 北見市常呂町

雪が降った丘陵地の畑の向こうには藻琴山(近くにシバザクラ公園)、真ん中(分かりませんが摩周岳や硫黄山付近かな?)、右に雄阿寒岳が見えます。麓には阿寒湖があります。写真には写っていませんが雌阿寒岳も見えます。活火山なので噴煙が上がっています。麓には管理者の大好きな雌阿寒のオンネトーがあります。


オホーツク海と能取湖が望める丘3 一本道&畑作地帯 北見市常呂町
オホーツク海と能取湖が望める丘3 一本道&畑作地帯 北見市常呂町

右の防風林を左に曲がると能取湖へ出ます。能取湖沿いにある国道238号線を通り、サンゴ草で有名な網走卯原内(うばらない)から美幌町へ向かいます。

網走や女満別空港から来る際は、国道238号線、網走能取漁港から左に曲がるとこの道を通ります。常呂町へ行く近道です。道路を上るとT字路になっています(この防風林です)。左が常呂町、右へ曲がると一本道に着きます。


オホーツク海と能取岬、能取湖、知床連山、斜里岳や阿寒の山々を望む畑作地帯「常呂の丘?」。知床国立公園や阿寒摩周国立公園を同時に望める場所はここだけかも?

管理者、この1本道&畑作地帯の丘が大好きなので 旅行される方は寄って見てはいかがですか?

- CafeLog -